534円 ヤマモリ / ヤマモリ タイカレー イエロー ヤマモリ タイカレー イエロー(180g*3箱セット)【ヤマモリ】 食品 惣菜 アジアン・エスニック惣菜 タイ料理 その他 ヤマモリ 大注目 タイカレー イエロー 180g 3箱セット 534円 ヤマモリ / ヤマモリ タイカレー イエロー ヤマモリ タイカレー イエロー(180g*3箱セット)【ヤマモリ】 食品 惣菜 アジアン・エスニック惣菜 タイ料理 その他 ヤマモリ,イエロー(180g*3箱セット)【ヤマモリ】,タイカレー,/,食品 , 惣菜 , アジアン・エスニック惣菜 , タイ料理 , その他,kkzp.wpyrzycach.pl,イエロー,ヤマモリ,/Hartmann439914.html,タイカレー,ヤマモリ,534円 ヤマモリ 大注目 タイカレー イエロー 180g 3箱セット ヤマモリ,イエロー(180g*3箱セット)【ヤマモリ】,タイカレー,/,食品 , 惣菜 , アジアン・エスニック惣菜 , タイ料理 , その他,kkzp.wpyrzycach.pl,イエロー,ヤマモリ,/Hartmann439914.html,タイカレー,ヤマモリ,534円

ヤマモリ 大注目 タイカレー イエロー 最高品質の 180g 3箱セット

ヤマモリ / ヤマモリ タイカレー イエロー ヤマモリ タイカレー イエロー(180g*3箱セット)【ヤマモリ】

534円

ヤマモリ / ヤマモリ タイカレー イエロー ヤマモリ タイカレー イエロー(180g*3箱セット)【ヤマモリ】



お店TOP>フード>カレー>カレーレトルト>タイカレー(レトルト)>ヤマモリ タイカレー イエロー (180g*3箱セット)

【ヤマモリ タイカレー イエローの商品詳細】
●日本人に馴染み深いカレーの香りと野菜の甘みに、唐辛子とハーブでタイの味を演出したカレーです。
●タイの自社工場で生産、輸入しています。
●フライドオニオンを増量し、パームシュガーを使用する事で複雑で深みのある旨みを再現。
●更に本格感を高めました。
●日本と同じ水準の品質管理を適用したタイの現地自社工場で、本格的な味わいに仕上げました。
●レトルトパウチ食品ですので、ご家庭で手軽に本場タイの味をお楽しみいただけます。
●1箱で180g(1人前)。
●保存料無添加。

【召し上がり方】
・お湯で温める場合
パウチの風を切らずに熱湯の中に入れ3-5分間沸騰させます。
・電子レンジで温める場合
必ず深めの耐熱容器に移しラップをかけて温めます。加熱時間は電子レンジの説明書を参考にしてください。(500Wの場合約2分)

【品名・名称】
カレー

【ヤマモリ タイカレー イエローの原材料】
鶏肉、野菜(じゃがいも、玉ねぎ)、ココナッツミルク、カレーペースト、ナンプラー、砂糖、大豆油、ココナッツパウダー(乳成分を含む)、食塩/増粘剤(加工でん粉)、pH調整剤
【栄養成分】
1食(180g)当たり
エネルギー:252kcal、たんぱく質:12.4g、脂質:16.2g、炭水化物:14.2g、食塩相当量:2.2g
【アレルギー物質】
乳成分、大豆、鶏肉
【保存方法】
直射日光を避け、常温で保存してください。

【注意事項】
・加熱中、加熱後は中身が熱くなっていますので、やけどをしないようにご注意ください。
・開けにくいときはハサミで開封してください。
・開封後は1回で使い切ってください。
・ナンプラーの原料となるイワシは、他の魚介類が混ざる漁法で漁獲しています。
・殺菌方法:気密性容器に密封し、加圧加熱殺菌

【原産国】
タイ

【ブランド】
ヤマモリ

【発売元、製造元、輸入元又は販売元】
ヤマモリ


※説明文は単品の内容です。


リニューアルに伴い、パッケージ・内容等予告なく変更する場合がございます。予めご了承ください。

(カレー)

・単品JAN:4903101702810

ヤマモリ
511-8711 三重県桑名市陽だまりの丘6-103
0120-049016

広告文責:グループ株式会社
電話:050-5577-5042

[インスタント食品/ブランド:ヤマモリ/]

ヤマモリ / ヤマモリ タイカレー イエロー ヤマモリ タイカレー イエロー(180g*3箱セット)【ヤマモリ】

  • 講師派遣

    IDに関する研修の講師派遣を希望される方はこちら

  • IDポータル

    Instructional Designを学ぶ人への応援サイト

  • オンラインプログラム

    教授システム学研究センターが提供する「教育改善スキル修得オンラインプログラム (科目デザイン編・自律学習支援編・FD活動デザイン編)」はこちら。

  • 公開科目

    本専攻でどのような学習ができるのかを体験!

  • Open Courses

    Let's continue to experience How cat what is learned in

  • 研究活動

    教授システム学専攻および教授システム学研究センターでは、多様なテーマについて研究を進めています。

最新のお知らせ